ACCESS空白フォームカスタマイズ方法

ACCESS基礎

空白のフォームとは

空白フォームとは、初期状態が真っ白なフォームです。
ボタン、テキストボックス、コンボボックスを追加して機能を追加します。
下記が空白フォーム作成直後の画面です。(真っ白で何もない状態です)

空白フォーム

このページでは、空白フォームにコントロールを追加する方法を紹介します。
コントロールとは、ボタンやテキストボックスなどをいいます。
コントロール追加することにより独自の処理を作成することが可能です。

コントロールを追加し、コントロールに対してマクロ、VBA等で処理を実装して使用します。

空白のフォームの作成方法

空白のフォームを作成する方法は、「作成」タブの「フォーム」グループから「空白のフォーム」をクリックすることで作成することができます。

空白のフォーム

コントロール追加方法

「デザイン」タグの「コントロール」グループから追加したい部品(コントロール)をクリックし、
フォームの上でクリックすることでコントロールを追加することが可能です。(コントロールを追加はレイアウトビューまたはデザインビューの時に限ります。)

コントロール

ボタン追加方法

フォームにボタンを付けることが一番多いと思いますので、一番最初にボタンの追加の仕方を説明します。

「デザイン」タグの「コントロール」グループから「ボタン」のアイコンとクリックしてフォーム上でクリックすることで、ボタンを追加することができます。

2.以下のポップアップが表示されますが、今回はそのまま「次へ」ボタンを押します。

そのまま「次へ」ボタンを押してもVBAの処理で自由に実装することができます。

3.ボタン上の表示内容選択(「文字」か「画像」)する画面が表示されます。今回は文字列を選択します。そして次へを押します。後で変更も可能です。

画像選択時、参照ボタンで画像を変えることもできます。(拡張子はbmp)

4.ボタンの名前を変更します。このボタンの名前とはVBAなどで使用する名前になります。今回は「テストボタン」に変更して、完了ボタンをおします。

ボタンの名前を使用してVBA内でボタンを押せなくしたり、ボタン上の文字列も変更することができます。後で変更も可能です。

5.完了ボタンを押すと以下のようにフォームにボタンが作成されます。
ボタン上の文字列は、3で記入した文字が、プロパティシートには4で記入した文字が設定されていることがわかります。

もし、ボタン上の文字やボタン名を変更したい場合は、プロパティシートの「すべて」タブの「名前」と「標題」欄で変更するこが可能です。

もしボタンの位置を変更したい場合はフォーム上のボタンの「十」をクリックして移動するこが可能です。大きさを変更したい場合、ボタンの黄色い枠の部分にマウスをあてれば矢印に代わり大きさを変更することが可能です。

ボタンに処理を追加する

ボタンを追加したら、ボタンを押す処理を追加します。
追加する処理は、マクロとVBAの2種類があります。
ACCESSマクロを最初知らなかったのですが、ACCESSマクロとExcelマクロは異なっています。
ここでは詳しく説明しませんが、今後記事を書く予定です。
Excelマクロは何度も行う動作を記憶させる感じですが、ACCESSマクロは、すでにACCESS側で用意されている処理を選択してそれを組み合わせてそれを一度に実行していく感じになります。

話はそれましたが、ここではVBA処理の追加の仕方を説明します。
ボタンを押すと、ACCESSでは「クリックイベント」というものが実行されます。
このクリックイベントに処理を追加することで実装できます。


1.フォームの処理を追加したいボタンを選択クリックします。

イベント処理をVBAで行うには、デザインモードしかできません。

2.プロパティシートの「イベント」タグの「クリック時」の下矢印の箇所をクリックすると、イベント プロシージャがでてきますのでクリックします。

3.イベント プロシージャが選択されている状態で、真横にある「・・・」ボタンをクリックします。

4.以下の画面が出てきますので、テストボタン_Clickの箇所に実装したい処理をかきます。

ここでビルダーの選択画面が出てきた場合は、「コードビルダー」を選択してください。

5.例として以下のコードを書いて保存します。

6.画面をフォームビューに変更してボタンをクリックしてみると以下のようにメッセージが出力されます。

以上となります。少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました