ACCESS VBAとは

ACCESS VBA

ACCESS VBAとは、プログラミンぐすることにより自由に処理を制御することができます。
例えば、画面で入力されている人のデータをデータベースから取得してそれを画面やレポートに表示したりできます。
さらに、レポート内容を印刷したり、エクセルファイルに出力したりすることが可能です。
あと、画面から入力したデータをSQL Serverなのどデータベースに書き込むことも可能です。

VBAの起動方法

VBAの起動方法は、「データベース ツール」タグの「マクロ」グループの「Visual Basic」をクリックすることで起動します。

VBAボタン

VBA起動画面は以下となります。

VBA画面

VBAの種類

VBAの種類には、モジュールと標準モジュールがあります。
モジュールとはフォームに対して作られます。該当のフォーム内の処理しか作成できません。標準モジュールは、同じACCESS内のファイルであればどこでもアクセスすることが可能です。

モジュール

VBA 実行方法

VBAで書いたコードを簡単に実行する方法を説明します。
フォームモジュールからVBAを実行する方法は、ACCESSフォーム作成を参照してください。
VBA画面から実行する方法は以下です。

1.実行したい処理を書く。

コード実装

2.画面上部の緑の矢印ボタンを押します。

実行ボタン

3.実行ボタンを押すと、以下のように実装した処理が起動します。

メッセージ

「2」の実行ボタンは、標準モジュールの場合のみ実行可能です。フォームモジュールで実行した場合、以下のようにマクロ選択画面がでて実行することができません。

実行エラー

以上となります。少しでもお役に立てれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました